【感動】生後2日で天国に行ってしまった息子へ捧げたゴール!審判の対応も感動的!


現在、リーズ・ユナイテッドで活躍しているビリー・シャープ。現在29歳となったシャープが4年程前にみせた感動のゴールを紹介します。

想像を絶するショック・・

2011年10月27日、イングランド2部のドンカスターに所属していたシャープの息子、ルーイちゃんは、生後わずか2日で亡くなってしまいました。

想像を絶するショックを受けたシャープですが、ミドルズブラ戦前夜に監督へ電話し先発出場を直訴。

そして、迎えた試合当日、試合は両チームの選手や観衆がルーイちゃんに1分間の拍手をささげるセレモニーののちにキックオフしました。

天国の息子に捧げるゴール

天国にいてしまった息子になんとしてもゴールを捧げたいシャープは、見事前半14分にボレーシュートを叩き込み先制点を決めると、サポーターの元に駆け寄りユニフォームをめくりあげ、アンダーシャツのメッセージを披露。
20150520_billy_top
「That’s for you son」(息子よ、君にこのゴールを捧げるよ)

個人的なメッセージが記述されたにユニフォームを見せる行為は処分の対象ですが、主審はシャープにイエローカードを出すこともなく試合は再開。
さらには1-3で敗れたにもかかわらずシャープはこの日のMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選ばれました。

ドンカスターのサウンダース監督は「彼は息子と家族のためにゴールを決めたがっていた。私には断れなかった。時にはピッチに立つことが人の気持ちを楽にさせる最良の方法になることもある。」とコメント。
また、シャープは試合後Twitterで、「仲間とファンの声援に涙が出た。今日の喜びと栄光は、私の息子に捧げたい。私は息子を愛している。」とコメント。
ファンにも、シャープにとっても、忘れがたい試合となったのではないでしょうか。

亡き息子に掲げた感動のゴールはこちら

Original:James Warne

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...