【速報】注目のCL!バルサがマンCを、ユベントスがドルトムントをそれぞれ破る!CL決勝トーナメント1stleg


25日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1stleg注目の試合、マンチェスター・シティvsFCバルセロナ、ユベントスvsドルトムントの試合が行われ、バルサがマンCを、ユベントスがドルトムントそれぞれ2−1で破り、貴重な勝利を手にしました。

マンチェスター・シティvsFCバルセロナ

昨シーズンに引き続きベスト16での対戦となったこの試合。なんとか去年の借りを返したいマンチェスターCですが、昨年に引き続きアウェーゴールを2つ奪われ1人の退場者を出すなど、去年と同じような結果となってしまいました。

フルメンバーのバルセロナに対して、チームの中心ヤヤ・トゥーレを出場停止で欠くホームのマンチェスターC。実際、プレミアリーグでもアフリカネーションズカップ出場などでトゥーレが欠場した計7試合で1勝5分け1敗と結果を残せていません。

この試合でもトゥーレの不在が大きかったのか、終止バルセロナにボールを支配され、攻撃も噛み合ないマンC。

終了間際メッシPK失敗などもありましたが、前半16分、30分とルイス・スアレスにアウェーゴールを2つ奪われ、後半にアグエロがなんとか1点を返しますが、ホームで痛い敗戦となりました。

次節はバルセロナのホーム・カンプノウでの戦い。次節まで出場停止のヤヤ・トゥーレ不在の中、2点以上の得点をあげて勝利が絶対条件となるマンC。厳しい戦いが続きます。

スアレス1点目

スアレス2点目

アグエロゴール

ユベントスvsドルトムント

注目の香川真司はベンチスタートとなったこの試合。前半ドルトムントのSBピシュチェクが負傷交代などがあり、結局最後まで香川は出番がありませんでした。

試合はホームのユベントスが前半13分、アルバロ・モラタのこぼれをカルロス・テベスが押し込み先制。ドルトムントは直後の18分、ユベントスCBキエッリニーニのミスをマルコ・ロイスが見逃さずゴールを奪い同点にしますが、43分ポール・ポグバの折り返しをモラタがきっちりと決め、2−1でホームのユベントスが勝利を手にしています。

テベスゴール

ロイスゴール

モラタゴール

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...