【動画】いよいよ今夜、伝統のエル・クラシコ!試合前にここだけはチェック!!

20141021_clastico_topphoto:Antonio Gil

いよいよ日本時間25日深夜1:00キックオフに迫ったエル・クラシコ。この試合でFIFAから正式に出場を認められたFWルイス・スアレスのバルセロナデビューをルイス・エンリケ監督は明言しており、リオネル・メッシはリーグ最多得点記録更新に挑むなど今回もクラシコから目が離せません。

過去の対戦成績は?

過去のクラシコ対戦成績はレアル・マドリードが90勝、バルセロナが89勝、引き分けが48とほぼ互角の成績です。ゴール数はレアルが387、バルセロナが370とレアルが少し勝っていますが、歴代の得点ランキングではメッシが21ゴールで首位、クリスティアーノ・ロナウドが13ゴールで7位となっています。

ちなみにイギリスのブックメーカが提示した倍率(オッズ)はレアルの勝利が2.37倍、バルセロナ勝利が2.70倍、引き分けが3.75倍となっています。

エル・クラシコの歴史と今後

カタルーニャカラーのユニホームを着たバルサファン
20131024_clastico_s2
photo:Herminio Alcaraz

中央政府の象徴であるマドリードと、独立の機運も高まるカタルーニャ自治州のバルセロナには政治的対立の歴史があります。

かつてのフランコ将軍によるカタルーニャ弾圧の歴史の中で、カタルーニャ人たちが唯一抵抗でき、そして自分たちの存在や感性を示すことができた場所が、サッカーであり、特にこの「エル・クラシコ」でした。この試合は異なった民族同士の真剣勝負であり、カスティーリャとカタルーニャのアイデンティティの戦いでもあります。サッカーは、かつて押さえつけられてきた歴史のはけ口とも言える存在であり、今現在もそうなのです。

ちなみに、カタルーニャ自治州のスペインからの分離・独立の是非を問う住民投票が11月9日に行われる予定で、分離・独立が成立した場合、バルセロナはリーガ・エスパニョーラから脱会することになります。

スペインサッカー連盟会長はバルセロナの脱会となればリーガ・エスパニョーラの競争力や評判に大きな打撃となることを認め、バルセロナをリーガに留めるために法改正が必要だと訴えているそうです。

クラシコはそういう意味でもサッカーの域を超えた、戦いの場であり、情報発信の場でもあります。

予想フォーメーション!スアレス、ベイルの起用は?

冒頭でも述べたように、スアレスの起用をL・エンリケ監督が明言しています。スアレスはスタメンでバルセロナデビューが予想され、メッシ、ネイマールとの夢の3トップ「MNS」に期待が高まります。

一方、レアルのベイルは臀部の負傷によりクラシコを欠場が決定、ベンゼマ、C・ロナウドとの「BBC」は一角を欠くこととなりそうです。レアルは4−4−2のフォーメーションで、2トップにベンゼマとCR7、中盤の4人にはハメス・ロドリゲス、ルカ・モドリッチ、トニ・クロース、イスコといったメンバーが予想されます。

バルセロナ招集メンバー


Original:FC Barcelona

レアル招集メンバー


Original:Real Madrid C.F.

今夜のクラシコではどんな素晴らしいプレーがみれるのか今から楽しみで仕方ありません。

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...