【動画】スペインの至宝ラウール、偉大なる21年キャリアを振り返る!


また一人、偉大なレジェンドがピッチを去っていった。

スペインの至宝と呼ばれ、レアル・マドリードの象徴的選手であった元スペイン代表FWラウール・ゴンザレスが21年のキャリアに幕を閉じました。

15日、すでに現役引退を表明していたラウールは所属するニューヨーク・コスモスの年間優勝決定プレーオフに出場。38歳のラウールはチームの勝利に貢献し、現役最後の試合で見事タイトルを獲得しました。

サッカー脳が高く、前線で献身的な守備もできて、中盤でチャンスメイクもできる。そしてテクニシャン。ジダンやロナウド、フィーゴ、ベッカムなどが在籍時の”銀河系軍団”を束ね、日本でも絶大な人気を誇るラウールの21年のキャリアを振り返ってみましょう。


レアル・マドリード時代

20151118_raul_top
ラウールと言ったらレアル・マドリード。レアル・マドリードと言ったらラウール。そんな印象が強い人も少なくないはず。ベッカムやクリスティアーノ・ロナウドといった7番を象徴するプレーヤーもラウールがいたので他の番号を選ぶほど。

17歳4ヶ月でレアルのトップチームデビューしたラウールは常にクラブの象徴的存在であり続け、323得点の歴代最多得点の記録は今季C・ロナウドによって破られてしまったが、741試合の歴代最多出場記録は未だに破られていない。

世界最大のビククラブで長らく主将としてチームを引っ張り、リーガエスパニョーラ6回、チャンピオンズリーグ3回、インターコンチネンタルカップ2回、UEFAスーパーカップ1回、スペイン・スーパカップ4回という輝かしいタイトルを獲得。

まさに、クラブのレジャンド。

レアル時代のプレーはこちら

シャルケ時代

20151118_raul_s2
16年プレーしたレアルを去り、ラウールが次なるチャレンジの場として選んだのが日本代表DF内田篤人も所属するシャルケだった。2年間で98試合40得点、DFBポカール、ドイツ・スーパーカップのタイトルを獲得し、チャンピオンズリーグベスト4にも導いた。

僅か2年間でありながらもクラブはラウールのチームに対する貢献をたたえ、背番号7を一時永久欠番にした。また、日本のファンにとっては、ゴールした際のパフォーマンスで、指差しからのハグを内田がされていて鳥肌が立った人も多いではないでしょうか。

ブンデス公式が選ぶラウールシャルケ時代のゴールTOP5


アル・サット時代

20151118_raul_s3
シャルケを退団し、ラウールが新天地として選んだのはカタールのアル・サット。61試合16得点のラウールはクラブ6シーズン振りのリーグタイトルやカップ戦タイトル獲得に貢献。


ニューヨーク・コスモス時代

20151118_raul_s4
そして2015年、最後の地として選んだのがアメリカ。ニューヨーク・コスモスだった。選手としての契約とともにユースアカデミーのテクニカルアドバイザーを兼任し、指導者としてのキャリアもスタートさせ、最後は記事内でも紹介しているようにここでもタイトルを獲得。

ラウールは所属した全クラブでタイトルを獲得。


スペイン代表

各年代の代表に選ばれA代表では102試合出場、44得点という素晴らしい成績を収めながらも、代表ではタイトルに恵まれなかった。

皮肉にもスペイン代表がEURO連覇やワールドカップ優勝を果たし、真の無敵艦隊となったのはラウールの引退後。


お静かに。レジェンドが立ち去るぞ

20151118_raul_s5
これだけの輝かしい実績を掲げ、アメリカの地でひっそりと引退をしたラウール。スペインのマルカ紙は「お静かに。レジェンドが立ち去るぞ」という見出しで、口に人差し指を当てて「静かにしろ」というメッセージを込めたラウールの有名なポーズにかぶせて賛辞を送っていました。

Written by