【動画】元レアル天才パサー・グティの”魔法のようなヒールパス”


image
甘いマスクと金色になびいた長髪で女性ファンを熱狂させ、天才的なパスセンスで多くのサッカーファンをとりこにしたホセ・マリア・グティエレス・エルナンデス、通称”グティ”。

レアル・マドリードに14年間在籍したグティは、幾度と無く芸術的なプレーを披露し、その天才ぶりを証明した。そんなグティの中でも今回は最も衝撃を与えた”魔法のようなヒールパス”を紹介。フランスのレキップ紙が選ぶ「最も美しいパス」第1位に選ばれたパスをお楽しみください。

“魔法のようなヒールパス”

2010年1月30日、リーガ・エスパニョーラ第20節デポルティボvsレアル・マドリードの試合で歴史的ゴールは生まれました。

MFカカのパスをペナルティーエリア内で受けたグティは、相手GKと1対1になりながらも、ヒールでボールを後ろにはたいて、FWベンゼマのゴールをお膳立て。

あそこであのパスが出せる落ち着きとセンス。まさに天才的。


動画はこちら


まるで後ろにも目が付いているようなゴールにグティは「簡単なことをしただけだよ。カカからボールを受け取った時、力強く侵入してくるベンゼマが見えていたんだ。ヒールパスは感覚的なものだった」「キーパーとディフェンスは僕に向かってきていた。だから彼にボールを渡せば、より落ち着いてゴールできると思ったんだ」と。

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...