【動画】トップデビューも近い?レアル加入の新星ウーデゴールが公式戦初ゴールを飾る!

初ゴールを喜ぶウーデゴール

今冬、大注目を浴びレアル・マドリードへ移籍したノルウェー代表MFマーティン・ウーデゴール(16)。以前も注目の若手として紹介したウーデゴール(http://soccergeek.jp/world/1359)がレアル移籍後、公式戦初ゴールを決めました。

現在レアル・マドリード・カスティージャ(Bチーム)でプレーするウーデゴールは、21日に行われた、セグンダ・ディビシオンB(3部リーグ相当)第26節バルカルド戦で公式戦初ゴールをゲット。

先発出場したウーデゴールは7分、右サイドを駆け上がりペナルティエリア内中央からのパスを受けると、右足でダイレクトシュートを放ち、先制点をマーク。勢いに乗ったチームは4-0で勝利を収めています。

ウーデゴールの得点シーンはこちら

Original:Footy-Goals.Com

ウーデゴールは大手紙アスの取材の中で、「最初のゴールを決めることができて最高の気分だ」と喜びを示すと、カスティージャの助監督を務める元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏にも言及。「彼はとても素晴らしいコーチだ。世界最高の選手だったコーチと毎日練習が出来るなんてすごいことだよ」と、自身が置かれている環境に満足していると語り、カルロ・アンチェロッティ監督が率いるトップチームでの練習経験もあるウーデゴールは、「アンチェロッティ監督は偉大な人で、誰もが彼から何かを学んでいる。マドリードにとって最高の監督だ」とコメントしています。

チャンピオンズリーグの予備登録選手にも入っている期待の16歳が、トップチームデビューもそう遠くないかもしれません。

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...