【動画】日本サッカー史上最大の番狂わせ「マイアミの奇跡」


日本サッカーの歴史の中で最大の番狂わせといえば1996年アトランタオリンピックで起こした「マイアミの奇跡」しかないでしょう。
W杯の出場は0回、オリンピックは28年ぶりに出場権を勝ち取ったアジアの弱小国・日本代表に対し、ロベルト・カルロス、ロナウジーニョ、ジュニーニョ・パウリスタ、ジータ、ロナウドなどの23歳以下の選手に加え、ベベット、リバウド、アウダイールをOA枠に加えまさに優勝候補大本命のスター軍団ブラジル。
得失点差が関わるグループステージで、ブラジル相手に大量失点までも覚悟した日本のサッカーファンも多いのではなかったでしょうか。国際大会でブラジルと戦えることに満足しているサッカーファンが大半だったように思います。

20160801_maiami_top

試合は予想ど通りブラジルの一方的展開

試合は前評判どおりブラジルの一方的展開。凄まじい攻撃力を武器に幾度となく日本ゴールに迫りますが、川口の神がかり的なセーブを中心に最後のところで日本ディフェンスがゴールを守ります。
本当にいつゴールが決まってもおかしくない展開ですが、なぜかゴールが遠いブラジル。すると後半27分、大きくブラジル陣内にボールを蹴り込むと、DFアウダイールとボールをキャッチしようと飛び出したGKジーダが激突。こぼれたボールを走り込んでいたボランチの伊東輝悦が押し込み、日本が先制。その1点を守りきり、誰もが予想しえなかったブラジルに勝利という”奇跡”を成し遂げたのです。

試合ハイライトを見ると、川口のスーパープレー集のようですが、まさにこれぞジャイアントキリング。この試合は鳥肌ものです!!

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...