【速報/動画】日本代表、北朝鮮にまさかの逆転負け!![EAFF東アジアカップ]


代表初ゴールも逆転を許し悔しがる武藤雄樹(浦和)
20150802_japan_top
2日、EAFF東アジアカップ2015の初戦・日本代表vs北朝鮮代表の試合が行われ日本は1−2でまさかの逆転負けを喫しました。

日本は前半3分、初招集コンビ、遠藤航の(湘南)のクロスを武藤雄樹(浦和)が合わせて先制。最高な形で試合に入る事が出来ましたが、その後、幾度となく訪れた決定的なチャンスを決めきれず前半を1−0で折り返します。

前半から徹底してロングボール主体の攻撃をみせる北朝鮮は、後半21分、長身FWパク・ヒョンイルをピッチに送り込むことをきっかけに攻撃に拍車がかかります。

北朝鮮は後半33分、中盤手前から超ロングボールを放り込むと、中央の長身FWパク・ヒョンイルが頭で落とし、待ち構えたFWリ・ヒョクチョルが右足でシュート。これが、ゴール右隅に決まり、同点に追いつきます。
さらに、試合終了間際の後半43分、左サイドからのふんわりとしたクロスボールを長身FWパク・ヒョンイルが頭で合わし、逆転に成功。

試合はそのまま終了し、日本代表はまさかの逆転負けを喫しました。

ハイライトはこちら

気温30度以上、湿度60%前後の高温多湿の厳しいコンディションが続くことが予想される今大会ですが、代表でアピール機会が少ない国内組選手にとっては絶好のアピールの場です。厳しい環境の中でもこのチャンスを掴み取って欲しいです。

次はいよいよ日韓戦。必ず勝利を掴み取って欲しいです。

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...