【動画】日本代表GK川島、権田、西川のパントキック練習が想像以上にスゴい!!


20150513_gk_top
ゴールキーパーは”ゴールをさえ守れば良い”だけではなく攻撃の起点となることも要求される重要なポジション。

代表合宿では日本代表ハリルホジッチ監督もキーパーがビルドアップの起点となる為「どんな距離でもインステップを使え」と義務化する程、キーパーに求める足下の技術は日々ましてきています。

特にパントキックの精度はカウンタースピードを上げ、1本のパスでゴールへも結びつくこともできる重要な攻撃の第一歩。現代サッカーではゴールキーパーに求められる重要な能力の1つです。

今回は日本代表GKトリオ川島永嗣権田修一西川周作のパントキックが練習でみせたパントキックが想像以上と話題なので紹介します。

パントキックが上手いキーパーとして、浦和レッズの西川が有名ですが、川島、権田もさすが日本代表ゴールキーパー。スピード、正確性、弾道とどれをとっても素晴らしく見惚れてしまいます。

日本代表GKトリオのパントキックの練習風景


これが日本のトップのゴールキーパーのパントキック!流石です!!

Written by