【速報/動画】本田、香川がPK失敗!日本まさかの準々決勝敗退![アジアカップ]

PKを失敗した香川真司

23日に行われたアジアカップ準々決勝。UAE代表と対戦した日本代表は延長戦120分では決着がつかず、PK戦の末4-5で敗退し、準々決勝敗退となりました。

日本はUAEより試合間隔が1日短い中2日の厳しい日程で臨んだこの試合。日本代表は先発や交代選手が固定されつつあり、選手の疲労が気になります。

試合は前半7分、UAEが先制します。UAEは中盤から右サイド、縦パス1本でDFラインの裏へ。抜け出したFWマブフートはペナルティーエリア内でワントラップし、右足で左隅にたたき込み先制ゴール。マブフートはこれで今大会4点目。得点ランキングトップとなります。

日本は注意しなければいけない立ち上がり10分こそペースが掴めませんでしたが、その後は圧倒的にボールを支配する日本。ボールを支配し、幾度と泣くゴールを脅かしますが、引いて守るUAEに対してなかなかゴールが奪えません。

流れを変えたいアギーレ監督は後半開始から武藤、その後も柴崎、豊田と立て続けに投入。

すると、迎えた後半36分。相手陣内やや左サイドでボールを受けたMF柴崎は、中央にドリブルで切り込み右へ動くフェイントを入れて、ゴール正面の本田にボールを預ける。本田は、走り込むMF柴崎にパスを返すと、柴崎は右足でダイレクトシュートを左隅にたたき込み同点ゴール!難しいボールでしたが上手くボールに合わせ、日本待望の同点弾。

同点に追いつきこのまま逆転といきたい日本でしたが、ゴールは遠く時間だけが過ぎていきます。延長線に入っても攻め込む日本代表ですが、最後の最後で粘りをみせるUAE。

試合はPK戦に突入。一人目の本田と、6人目の香川が失敗し4−5で惜しくも準々決勝敗退となってしまいました。

得点シーンはこちら

Original:Chri3tiAnoROnaL5o

PK戦はこちら

Original:FootballHD

アジアで戦う上で大きな課題である、引いて守る相手をどう崩すか。これはまだまだ日本にとって大きな課題となりそうです。

連覇はならなかった日本ですが、諦めない姿勢、ひたむきさ、戦う気持ちが十分に伝わってきました。おつかれさまと言いたいです。ゆっくり休んで、クラブでさらに進化を遂げて欲しいです。

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...