【動画】知将・宮本恒靖と神セーブ・川口能活が起こした伝説のPK[アジアカップ名場面]


20150115_miyamoto_top
4年に一度のアジア最大の祭典、アジアカップ。今回はそんなアジアカップ開催を記念してお伝えしているアジアカップ名場面の第2弾です。

今回紹介するのは2004年アジアカップ準々決勝ヨルダン戦。PKまでもつれ込んだこの試合は日本サッカー史に残る名勝負として記憶されていますが、みなさんは覚えていますか?

簡単に状況を説明すると、グループDを1位通過した日本は、準々決勝でヨルダンと対戦。日本は前半11分に右サイドを崩されて先制点を献上してしまうが、3分後に中村俊輔のFKのこぼれ球を鈴木隆行が押し込んで同点。試合はそのまま延長戦に突入し、両チームともゴールを奪えないままPK戦に突入します。

知将・宮本恒靖と神・川口能活

先攻の日本は1番手の中村俊輔が軸足を滑らせ大きく上に蹴り上げてしまうと、2番手の三都主アレサンドロも軸足を滑らせ同じように上に大きくゴールを外してしまいます。

明らかに地面が緩いのは分かっていましたが、一度始めてしまったPK。もうどうしようもありません。

しかしここで、あり得ないことが起こります。

当時キャプテンを務めていた宮本恒靖が審判に駆け寄り何やら講義しているかと思うと、審判はPKを行うゴールを変更します。前代未聞の出来事に皆驚き、解説を務めていた松木安太郎さんも「これは珍しいですね!」と連呼していたほどです。

Referee, this is not fair !You must change the side. You can ask a commissioner.You should think about it.(レフェリー、これではフェアじゃない、サイドを変えないと。コミッショナーに言ってみてはどうだ)

これはレフェリーに宮本が言ったと伝えられている言葉。学問にも長けていた宮本が英語で審判を説得する姿はカッコ良すぎ。

このあとGK川口能活が神がかり的なセーブを連発し、見事勝利!!

日本サッカー史に残る試合となりました。

動画はこちら

Original:chuofree

ちょっと面白い三都主

PKを行うゴールが変更になった時、日本が先攻だったので、三都主が「自分からやり直しでしょ?」という雰囲気で、もう一回蹴りに行こうとしていました。

他の日本の選手も「おまえ行っちゃえよ」って感じで促していましたが・・・、

審判も「さすがにそれは違う」という感じで、三都主はトボトボ戻って来ました。

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...