【動画】時間が止まった!李忠成の芸術的なボレーシュート![アジアカップ名場面]

4年に一度のアジア最大の祭であるアジアカップが遂に開幕しました。

日本は最多の4度の優勝を誇り、前回大会に続いて連覇が期待されるこの大会。過去には伝説となる名場面も多く生まれています。

今回はそんな中から前回大会のカタール大会で優勝を決めた李忠成のジャンピングボレーを紹介します。

時間が止まったジャンピングボレー

決勝戦の相手は強豪オーストラリア。試合は90分で決着がつかず、0−0のまま試合は延長線へ。

そして、迎えた延長後半4分、長友が左サイドでオーストラリアDFを交わしゴール前へクロス。

するとそこには、どフリーの李忠成が!

なんでそんなにフリーなのかという疑問とゴールへの期待感から、「時がゆっくりと流れ、時間が止まった」様に感じました。この瞬間同じように感じた人も多いと思います。

李はこのボールを芸術的とも言える美しいボレーシュート決め、日本代表を優勝へ導きました。

あの時間で疲れを見せず仕掛けて、腰のしっかり入ったクロスをあげた長友も素晴らしいですが、しっかりとボールを引きつけて、体を倒しながらしっかりとミートする、お手本のような美しいボレーシュートは芸術的です。点数にするなら100点というようなゴールでした。

今大会は誰がヒーローとなるのか!?またこの時のような感動を是非味わいたいですね。

また、合わせてアジアカップの歴史を物語るプロモーションビデオもご覧ください!気持ちが高まります!

李忠成の芸術的なボレーシュートはこちら

Original:utaware17 さんのチャンネル

気持ちが高ぶるアジアカッププロモーションビデオはこちら

Original:AFC Asian Cup

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...