【動画】Jリーグ名場面!久保竜彦の規格外”ひょっとこロングシュート”!!


20151022_kubo_top
ドラゴン久保こと久保竜彦を語る上で外せない伝説のゴール。それは、2007年3月3日Jリーグ開幕戦、横浜FCvs浦和レッズの試合で生まれました。

久保は相手を交わしながら横に流れたボールをゴール前40メートルはあろう位置から左足を振り抜くと、ボールはキーパーの手をかすめながらゴール右上に豪快に突き刺さりました。

体制も良くない、助走も上手く取れない中、腰の強さと脚力だけで強引に放ったシュート。まさに”日本人離れ”した運動神経に日本中が驚きました。

ゴールパフォーマンスでみせた”ひょっとこダンス”は手ぬぐいなどでグッズ化され、全てがJリーグ史に残る伝説のシーンとなりました。


動画はこちら

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...