【動画】闘争心むき出し!浦和DF槙野智章が見せた気合い入りまくりの2つのガッツポーズ!


16日、明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第7節・浦和レッズvs湘南ベルマーレの試合が行われホームの浦和は日本代表DF槙野智章のゴールで1-0で勝利。J1通算350勝を飾りました。

気合い入りまくりのガッツポーズ!

20150817_makino_top
この日の槙野は気合が違った。広島から両親をスタジアムに招待しており、絶対に勝ちたいという闘争心に溢れていました。それを象徴する2つのガッツポーズを見せてくれました。

1つ目は58分、関根貴大の右サイドからのグランダーの折り返しのこぼれを右足を振りぬきゴール。側転からのガッツポーズで喜びを爆発させます。

2つ目は守備でみせました。湘南の俊足FW高山薫と競り合いに勝つと闘争心むき出しのガッツポーズ。湘南サポーターから大ブーイングが起こりましたが、それをかき消すように浦和サポーターの声援が鳴り響き、会場は大いに盛り上がりました。
20150817_makino_s1
ゴールを決めたり、スーパーセーブでガッツポーズをする選手はよくいますが、相手を止めてガッツポーズをする選手はそういません。
この場面だけではなくこの試合終始バチバチにやりあっていた槙野と高山。一見挑発行為にも見えますが、この闘争心むき出しの行為にファンからは以外にも支持する声が多かったようです。

Jリーグではなかなか見れないような闘争心むき出しのプレー。一見、嫌味なプレーもここまで気持ちが入って清々しいと好意が持てる気がします。

試合ハイライトはこちら(得点シーンは2:05~から)

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...