【動画】山形GK山岸がロスタイムに決勝弾!ジュビロにおきた悪夢の瞬間![J1昇格PO]

30日、J1昇格を争うJ1昇格プレーオフ準決勝が行われ、J2で4位のジュビロ磐田と6位のモンテディオ山形の試合は1−2で山形が勝利しました。

山形は26分、ディエゴ(山形)が頭でゴール右へと決め先制しますが、その後は磐田の攻め込まれる時間が続きます。磐田は多くの決定機を作りだしますが、GK山岸(山形)がスーパーセーブを幾度となく見せ、磐田にゴールを許しません。

しかし、48分、こぼれ球を山崎に詰められ同点ゴールを奪われ1−1でハーフタイムを迎えます。

山形は後半も磐田に攻め込まれる時間が続きますが、GK山岸(山形)を中心とした守りで追加点を与えません。

引き分けでも決勝に進めれる磐田と、勝利が絶対条件の山形。1−1のまま試合終了すれば山形の昇格の道は断たれます。

終盤、勝つしか昇格への道を断たれる山形が、決死の全員攻撃。

すると、ドラマは後半アディッショナルタイムに待っていました。右Ckのチャンスを迎えると、GK山岸(山形)が前線に。ニアで待ち構えた山岸は、頭で上手くボールを流すと、ゴール左隅へと決まる劇的ゴール。

見ていた人は思わず言葉を失ったと思います。

山形サポーターもこの表情
20141130_j1j2_s1
動画はこちら

Original:プロ野球速報TV

この後、磐田も必死に反撃を試みますがすぐに終了のホイッスルが鳴り、磐田の昇格の道は断たれ来期ももう一度J2で戦うこととなりました。まさに磐田にとっては悪夢の瞬間となってしまいました。

こんなドラマを誰が予想したでしょうか。山形はこの勢いそのままに4年ぶりのJ1昇格を懸け、12月7日に千葉との大一番に挑みます。

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...