【動画】横河武蔵野ジュニアが見事世界一に輝く![ダノン杯]


20141121_danone_top
16日、FIFA公認のU-12の世界一を決めるダノンネーションズカップ2014決勝がブラジル・サンパウロで行われ、日本代表である横河武蔵野ジュニアがパラグアイ代表を1−0で破り見事優勝を飾りました。

決勝戦には2万5000人の観客と世界中のスポーツジャーナリスト50人が集結。今大会の注目度の高さがよくわかります。

2012年は韓国に敗れて準優勝、2013年大会は3位と、近年同大会で見事な結果を残している日本代表チーム。遂に今大会で念願の初優勝。大会を通じ7戦6勝1分け、17得点1失点という圧倒的な成績を残し、大会得点王には7得点の福崎伶青君(横河)が選ばれました。

決勝戦ハイライトはこちら


Original:Danone Nations Cup

このダノンネーションズカップがどんだけレベルが高いかはこの動画を見ればすぐ分かります!これで小学生なんて信じられません!!

TOPゴールハイライトはこちら


Original:Danone Nations Cup

大会を通じて日本のジュニア年代の育成が成功していることを世界に証明できた大会になったのではないでしょうか。

しかし、日本代表がこんなにレベルの高い国際大会で優勝する時がくるとは・・
キャプテン翼が描いていた世界が現実になるかもしれませんね。

バルサの久保君など世界で活躍するジュニア選手も増えてきています。日本サッカーがいつかW杯で優勝する日が来るかもしれません。

日本サッカーの未来は明るいですね!

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...