【動画】あなたにもできる!ロナウジーニョのエラシコ!!


サッカー経験者なら一度はトライしたことがあるエラシコ。サッカーのフェイントの中でもトップクラスにカッコイイフェイントです。

エラシコとはポルトガル語で「輪ゴム」。アウトサイドで押し出したボールを素早くインサイドで切り返すフェイントのことで、ゴムのようにもどってることからエラシコと呼ばれています。
エラシコと言えばロナウジーニョが得意とするプレーとしても有名ですが、実は、発明者は厳しい解説で人気のセルジオ越後さんだと言われています。

今回はそんなエラシコのコツを簡単に分かりやすく解説します。

ボールをタッチする足の膝が先行

エラシコのコツはここが一番重要です。膝が進行方向へ先に飛び出すことで、アウトサイドでタッチしたボールを足が追い越すことができます。膝が先行した分だけエラシコの幅も広がりますし、格段に成功率も上がります。足下だけのエラシコでは、相手も引っかからないですし成功率は下がってしまいます。
20140924_ronaldinho_s1

1タッチ目はボールの中心やや下を押し出すようにタッチ

アウトサイドのタッチは、ボールの中心やや下を押し出すようにタッチします。ここで焦ってはいけません。倒れそうなくらい、なるべく長い時間ボールをタッチすることで鋭いエラシコが可能になります。輪ゴムに例えると限界まで引っ張っぱり我慢するところです。ここでのタッチの長さでフェイントの鋭さが決まります。
20140924_rinaldinho_s2

2タッチ目はゴムのように

上記2つのポイントを意識すれば自然と2タッチ目はついてきます。膝を意識し、倒れそうになるくらい1タッチ目を長くすることで足は倒れるの支えるため自然と足が出てきます。ボールの感覚を離さずに、ゴムのように勢い良くボールを迎えにいくことで鋭い切り返しで相手を置き去りにできます。
20140924_ronaldinho_s3

動画はこちら


Original:ronaldinho

フェイントができるようになっても試合で決めるには相手との間合いもありますし、何より100%決める自信がないできません。ワールドクラスの試合の中で華麗に決めるロナウジーニョはやはり凄いです。このレベルになるには練習あるのみ。
ロナウジーニョエラシコ集動画はこちら

Original:iiElNinoTv

ロナウジーニョのようにエラシコをビシッと決めてれば、ヒーローとなること間違いなしです。

20140924_ronaldinho_topphoto:texasgurl

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...