【コラム】三浦知良”好きの力は損得にまさる”~サッカー人として~


20160223_kazu_top
photo:BOA SORTE KAZU
サッカー界のレジェンド、カズこと三浦知良が日本経済新聞で連載しているコラム”サッカー人として”。サッカーファンの中には毎月こちらのコラムを楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

今回はその中の1つ、2015年10月23日に掲載された”好きの力は損得にまさる”がとても感銘を受けた内容だったので紹介します。

”好きの力は損得にまさる”

サッカーなるものが珍しかった40年近く前。静岡ではテレビからサッカー情報番組が流れ、サッカーが日常の光景としてあった。何を隠そう、日本にサッカーショップといえるものが初めてできたのも静岡です。

Jリーグが誕生するずっと前から市民クラブの清水FCがブラジルへ遠征し、少年団も海外チームと盛んに交流していた先進地で、高校で静岡を制するのは全国制覇と同じくらい難しかったほど。あるときの日本代表はメンバーの11人、ほぼ半数が僕も含めて静岡県出身だったくらいだから。

そんな静岡の清水エスパルスがJ2へ降格する。「その場しのぎの寄せ集め集団」と補強のあり方を問う声も飛ぶ。でも寄せ集めで勝っているチームもあるよね。選手を自由にさせて勝てば「のびのびが良かった」とされ、負ければ「のびのびさせて」規律が足りなかったと批判される。何が正解なんだか分からず、僕らの世界は結果がすべて。

世界の名門にも降格の歴史があり、浮き沈みを繰り返す。ちょっと怠ければだめになり、名前では生きていけない。いわば永遠の努力が必要なんだろう。サッカーライフはときに厳しく、険しい。でも乗り越えたときにまた強くなり、よりサッカーが楽しくなる。

僕が所属したブラジルのキンゼ・デ・ジャウーは今や4部相当のリーグでもがく。それでもクラブは存在し、人々の希望として生きている。いつかまたサンパウロなどビッグクラブが街にやってきて、自分たちのジャウーと戦う日を楽しみにしている。エスパルスもいまが踏ん張りどころだね。自分たちがやっていること、サッカーで批判されるうちは、まだいいんだ。1番怖いのは無関心。降格や低迷したことにすら興味を持たれなくなるのはつらいよ。

浮き沈みがあろうとも、ぶれず、ひと筋に生きていく。例えば長嶋茂雄さんや王貞治さんは、ずっと野球人。あれもこれも手掛けていく人もすごいけど、何かを心から好きで、真剣に続ける人々の仕事やお店、行動、言葉には、ならではの魅力があるよね。

損得よりも「好き嫌い」の方が、生み出すパワーが大きいんです。人間だから損得勘定は考えるよ。でも自分もそうだったけど、やはり好きの力が損得に勝る。
日本経済新聞:

日本のサッカー界を引っ張ってきて、様々な経験をしてきたからこそ重みがあり、魅力的に感じる言葉の数々。
”損得よりも「好き嫌い」”ぶれない芯の強さを持つカズの言葉はかっこいい。

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...