【動画】選手権決勝で魅せた流経大柏高・村瀬の高校生離れしたラボーナ!

20150902_murase_top


第86回全国高等学校サッカー選手権大会決勝・流通経済大柏vs藤枝東。この大舞台で会場をどよめかせたプレーを覚えていますか?

清水エスパルスに所属するFW大前元気や横浜FマリノスのDF比嘉裕介、名古屋グランパスのMF田口泰士など多くのタレントを揃え、高校サッカー史上最強といわれていた流経大柏。圧倒的な強さをみせつけ、決勝でも名門・藤枝東相手に4−0と完勝。

そんな試合で、チーム1のテクニシャンと呼ばれていたMFの村瀬勇太が魅せた大前へのラボーナパス。
綺麗なフォームから放たれた美しい放物線に超満員のスタンドがどよめき、テレビの前のサッカーファンは発狂。

高校サッカー1番の大舞台でこの余裕とテクニックは流経大柏の強さと共に強い印象を高校サッカーに残したプレーでした。

決勝も圧倒的な強さをみせたハイライトと共に村瀬のラボーナをお楽しみください。
(村瀬のラボーナは50秒あたりから)

村瀬は流通経済大へ進学後、松本山雅FCへと進みますが、思う様な活躍はできず、現在は社会人リーグでプレーしている様です。

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...