【感動】高校サッカー界の名将・小嶺忠敏のありがたい話〜全力投球〜


20150801_komine_top
言わずとしれた高校サッカー界の名将・名将・小嶺忠敏。現在は長崎総合科学大学附属高等学校サッカー部の総監督を務めており、監督として全国高校サッカー選手権では戦後最多タイの6度の優勝や数々のJリーガーや日本代表選手を輩出してきました。

前回は、小嶺監督が夏休み前に選手に向けて放った「有言実行」を紹介しましたが、今回はもう一つ感動的なありがたい話を紹介します。

『全力投球』

今日は練習について話そう。
『全力に悔いなし』
お前たちは毎日練習をしているな。
誰の為に練習をしている?
自分の為だな?
こういう言葉がある。
『全力投球』
野球の投手が100%で投げれば暴投が多いだろう。
40、50%の力で投げれば正確なボールがいくだろう。
サッカーでも100%の力で蹴ればどこかにブレてしまうよな。
ゆっくり蹴ればわりかしコントロールは良くなると思う。
でも、ゆっくりしたボールを蹴るとキーパーがキャッチしてしまうよな。
野球の投手がゆっくりしたボールを投げれば、ホームランばっかり打たれる投手になるよな?
投手が100%の力で投げれば暴投がいくかも知れないけど打たれる確率は少なくなる。
これが1年、2年と毎日100%で投げればコントロールは良くなると思う。
これならホームランも打たれなくなるよな。
だから毎日 『全力投球』 こういうような人間にならないといけない。
妥協してなんでもゆっくりしてやったら何も問題はないけど、進歩はしない。
君達が練習するときも全力で100%の力でやらなければいけない。
日本中色々なとこで講演をやるけど、特に指導者関係の人が聞きにくるんだ。
「日本一になる秘訣はなんですか?何をすれば日本一になれるんですか?」と。
俺はな、
「そんなマジックがあったら何億円と借金をしても買います。マジックはありません。常に何事にも全力で取り組んでいるだけです。」
と、答えるんだ。
昔俺が初めて日本一になったとき高校サッカーは4300チーム以上あった。
去年の全国高校サッカー選手権のチームは4018校だったと思う。
そのなかで優勝できるのは1/4018だよ。
もし神様がね平等にしてくれるなら4018年間に1回しか優勝できないんだ。
そうだよな?
それくらい非常に厳しいんだ。
簡単に楽な練習をして、40、50%の練習をしてそんなので優勝できるほど甘くはない。
お金だってそう。
働かずしてお金を稼ぐ方法はないだろ?
そんなのがあったら誰でも買うじゃないか!
俺も毎年宝くじを買うけどな当たったことがないんだ。
300円はあるけどな(笑)
宝くじというのはな、10枚買ったら必ず1枚は当たるんだ。
でも1枚以上当たったことはない。
食あたりはよくするけどな。
ここは笑うとこだぞ(笑)
4018校の中で全国大会に出る。
『48/4018』これに入るのも難しい。
ましてや、『1/4018』なんて難しすぎるよな?
だから君達には何度も言うけども、楽な練習をしていい選手などありえない。
ずーっと毎日の積み重ねで一歩一歩進歩するんだよ。
こないだ『時は金なり』という話しをしたけどな、その時間を大切にしなきゃ。
勉強も一緒だよな?
楽をして頭がいいやつなんていない。
勉強せずして一流大学に行けるはずがない。
だからやはり何事にも全力でやる。
いよいよ、明日から夏休みが始まる。
この約40日間、君達の人生を左右する時間になるかもしれん。
この夏休み、全力で取り組んだ人は10月、11月にビューン!と伸びてくる生徒が俺の経験上多い。
これが勝負だ。
だから常に全力で取り組む。
もし仮に、サッカーで大成しなかったとしても人間の力というのはサッカー以外でもいっぱい活躍することができる。
俺の教え子でも高校時代、補欠のバケツにもならなかったやつが会社経営、社長をしてるやつなんかいっぱいいるよ!
遠いとこからきて俺のとこにきて、3年間ベンチにも入れず、でも毎日ただひすらサッカーをコツコツやって、今は会社の社長だよ!
毎日コツコツやっていた。
それがサッカーではなく別の所で活かされたんだ。
「何事も全力でやること。」
それが色々な所で発揮される。
『全力に悔いなし』
この夏休みが勝負。
何事にも全力で!!
今日の話しは終わり。

思わず背筋が伸びてしまう様なありがたい話。言葉の1つ1つに重みを感じます。
サッカー選手を育てるだけでなく、1人の人間を育ててくれる。親はそんな指導者に子供を預けたいですね。

こちらは、長崎総合科学大学附属高等学校サッカー部のFacebookページに投稿されたものであり、多くの共感を集め、拡散されています。

【本日の小嶺説法】今日は練習について話そう。『全力に悔いなし』お前たちは毎日練習をしているな。誰の為に練習をしている?自分の為だな?こういう言葉がある。『全力投球』野球の投手が100%で投げれば暴投が多いだろ…

Posted by 長崎総合科学大学附属高等学校サッカー部 on 2015年7月16日

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...