【感動】代表戦の途中CMで流れた長谷部誠の軌跡を描いたムービーが感動的と話題!!


20150401_hasebe_top1
31日に行われたJALチャレンジカップ2016 vsウズベキスタン戦。ハーフタイムに突如流れたCMを覚えていますか?

日本中が注目する代表戦のハーフタイムに流れた5分程のムービーは多くのファンに感動と勇気を与えたと、話題となっているので紹介します。

ムービーでは、長谷部誠の生い立ちから現在、そしてこれからにスポットをあてながら、「どんなに苦しくても、どんなに報われなくても、僕は挑戦をやめない」という“折れない心”がどのように育まれていったのかが描かれています。

華々しい活躍の一方で、多くの挫折を味わってきた長谷部。決してエリート街道を駆け上がってきた訳ではなく、名門・藤枝東でも3年になる直前にレギュラーこそ獲得しますが、1つ下の成岡翔や大井健太郎などの様にプロとして将来を渇望される選手ではありませんでした。

「長谷部にプロは無理だ。他にも道はある。思い直せ。諦めろ。」そう言われながらも、「絶対プロになりたい」という長谷部の気持ちを後押しした祖父の言葉「人生は一度しかないんだよ。誠、男なら挑戦するべきだ。」
20150401_hasebe_top

そして生まれた長谷部の”どんなに苦しくても、どんなに報われなくても、僕は挑戦をやめない。”という決意。

このムービーから何かを感じ、胸が熱くなる人も多いのではないでしょうか?

感動のムービーはこちら

Original:JAL on YouTube

おじいちゃんと孫

レッズのスカウトが来た際も、「長谷部?全然無理だよ。通用するはずがない」などと藤枝東の監督や周囲の人々、両親までが言う程。

しかし、祖父のという後押しがありプロ入りを決めたそうです。

レッズの1年目は出場機会に恵まれず、プロ入りを後押ししたお祖父様もその年に他界されますが、それをきっかけに奮起した長谷部は次の年から頭角を表し、レギュラー獲得。今では、ブンデスリーガで活躍し、日本代表不動のキャプテンまで成長しました。

長谷部の活躍の裏には、孫を信じ、後押ししたおじいちゃんが大きく影響している事は間違いなさそうです。

JALが作成したこのムービー

このムービーはJALが”どのような環境にあっても常に挑戦を恐れない、そんな人たちをJALは応援しています­。”というメッセージを込めて作られたムービーです。

毎回JALは良いムービーを作り話題となっていますが今回も素晴らしいムービーでした。

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...