【動画】レアルがベンゼマを放出してでも欲しい?アグエロ2世”パウロ・ディバラ”とは!?

数々のビッククラブが注目するパウロ・ディバラ

レアル・マドリードが、パレルモに所属する21歳のアルゼンチン人FWパウロ・ディバラの獲得に興味を強めていることが明らかになったとイギリス紙『メトロ』が報じています。

メトロ紙によると、レアルはディバラ獲得のために主力であるフランス代表FWカリム・ベンゼマを放出することも検討しているとのこと。

情報の信憑性は分かりませんが、アーセナル、チェルシー、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、PSGといったビッククラブか興味を示し、移籍金は約4500万ユーロ(約57億6000万円)と今夏の移籍市場では大注目になること間違いありません。

アグエロ2世とも言われるプレースタイル

17歳の時、アルゼンチンの2部インスティトゥート・コルドバでプロデビューしたディバラは、最年少ゴールに38試合連続出場、シーズン2ハットトリック、6試合連続ゴールなど様々な記録を打ち立て国内外から「アグエロ2世」と注目を集め、セリエAのパレルモへ移籍しました。

パレルモでは今季セリエA26試合に出場して12得点。セリエAでもその決定力は際立っています。

ディバラのプレースタイルはマンチェスター・Cのアルゼンチン代表エースセルヒオ・アグエロと本当によく似ていています。凄まじい加速力でグイグイと相手を抜きさる事もできれば、難しいシュートもいとも簡単に決めてしまう。

アグエロ程の力強さはないですが、アグエロとは違った独特なリズムも持っていて将来が本当に楽しみな選手です。

ディバラのプレーはこちら

Original:Lau10L HD

顔もかなりのイケメンで、レアルが移籍金を積んでも獲得しそうな選手。これからの活躍によっても移籍金は更に上がる事も考えられ、これからの活躍に目が離せません。

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...