【動画】本田セリエA開幕戦弾!ゴールをお膳立てしたアシストが凄い!

20140901_honda_top
photo:flickr


やはり持っている。日本のエース本田圭佑がセリエA開幕戦でいきなりゴールを決めた。
ラッツオとのセリエA開幕戦に3トップの右として先発出場した本田。前半7分、ミランはカウンターから左サイドのエルシャーラウィが突破し、中央をものすごい勢いで駆け上がった本田へラストパス。本田シュートはキーパーにあたりながらもゴールネットを揺らした。

このゴールシーン、本田の駆け上がるスピードや落ち着いて股の下を狙ったシュートも凄い。しかし、私がもっと凄いと感じたのはエルシャーラウィのラストパスだ。

このパスは簡単そうに見えるが、足首の柔らかさと筋力が必要であり、スピード、ボールの回転、タイミングとどれもワールドクラス。何より、ポイントはアウトサイドのパスを選択したこと。

スクリーンショット 2014-09-01 23.53.43

アウトサイドでパスを出すメリットは、2つある。
1つ目は、少ないモーション(ほぼランニングモーションのまま)でパスを出せること。少ないモーションでパスを出すことによって相手DFのパスコースブロックができない。また、せっかく本田が引き離したDFが戻ってこないうちにパスを出すことができる。

2つ目は、ボールの回転。左サイドのエルシャーラウィが右足のアウトサイドでパスを出すことによって、キーパから逃げ、駆け上がってきた本田には向かって来るようなボールが送られる。このボールの回転とパスの絶妙なスピードによって、キーパーは飛び出せなくなり、本田にとっては蹴りやすいボールとなる。

このパスがあったからこそ、本田は落ち着いてキーパーの股の下を狙いゴールを決めることができたのだろう。そんなことを気にしながら動画を観て頂きたい。

動画はこちら


Original:Calcio FB

このプレーを観て多くのサッカー少年がマネをしたくなったではないでしょうか。

エルシャーラウィの用なパスが出せるようになるには、足首の柔らかさと筋力が必要である。
足首を柔らかくする為には、新聞紙で作ったボール、綿のボールなどを使って裸足でたくさんボールに触れると良い。
勉強をするとき、TVを見る時など常にボールの感触を確かめよう。

最後に。昨シーズンはお荷物とまで言われたが、開幕戦までにスタメン獲得し、しっかりゴールまで決める本田はやはり持っている。

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...