【動画】シャルケと契約延長の内田!66m独走で決勝点をアシスト!


ドイツブンデスリーガ第10節が10月31日行われ、内田篤人が所属するシャルケはホームにアウグスブルクを迎え1−0で勝利をしました。

決勝点をアシストした内田は、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出され、現地でもとても高い評価を得ています。

内田が66m独走で決勝点をアシスト

右サイドバックで先発した内田は、前半37分自陣この位置ででボールをインターセプト。
20141103_uchida_s1
そのままドリブルを開始、持ち前のスピードで右サイドを駆け上がります。
20141103_uchida_s2
右サイド深い位置まで侵入した内田は中を確認しオランダ代表FWヤン・フンテラールへグランダーの鋭いクロス。
20141103_uchida_s3
これを絶妙な動きでDFを外したフンテラールがゴールへ流し込みます。ゴール前の動きは流石ストライカーというような動きでした!
20141103_uchida_s4

内田の俊足が光ったゴールはこちら

Original:Bundesliga

試合前日に契約延長を発表!鳴り止まないウッシーコール!

この試合の前日に2018年6月までシャルケとの契約を延長した内田。

契約延長の喜びとともに試合を決定づけるアシストを記録した内田に対してスタンドからは”ウッシー”コールが鳴り止みませんでした。

なぜウッチーこと内田篤人がドイツで”ウッシー”と呼ばれているかというと、ドイツ人は「チ」の発音が「シ」となってしまうそうなのと、現地では「ウッシ-(ウッシ)」は“女の子的な可愛い”という感じな意味合いがあるそうです。

日本同様、現地ファンからも絶大な人気を誇る内田がシャルケでまだまだ活躍してくれることは間違いないでしょう。

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...