【動画】ビックセーブ連発!ノイアーがバロンドール23名の候補に今年も選出!


10月26日ドイツブンデスリーガは第9節が行われ首位のバイエルン・ミュンヘンと勝ち点差4で追いかける2位のメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)の試合は両者一歩も譲らない展開となりスコアレスドローに終わりました。

圧倒的ボール支配率を誇り攻め込むバイエルンでしたが、ロッペンの不在も響き最後までゴールを奪うことができません。一方、ボルシアMGは堅い守りから、鋭いカウンターを仕掛け何度も決定的場面を作り出しますが、バイエルンの守護神マヌエル・ノイアーからゴールを奪うことができませんでした。

ビックセーブ連発!決して体は流れないノイヤー

この試合一番の輝きを魅せたのはゴールキーパーのノイアーでした。193㎝という恵まれた体系と優れた反射神経を活かしたダイナミックなセービングが光ったノイアーはMan of the Match、ブンデスリーガPlayer of the Weekにも選ばれました。

ゴールキーパーがノイアーでなければ1、2点は簡単に入っていたでしょう。

ノイアーの凄さはボールをしっかり見て反応できるところ。ボールを怖がったり、ボールの軌道を先に読みすぎて体が流れてしまうことがありません。

33分の1対1の場面でも
20141103_neuer_s1
51分の強烈なシュートでも
20141103_neuer_s2
66分のゴールへ向かう難しいフリーキックでも
20141103_neuer_s3

普通のキーパーなら先に動いたり、体が流れてしまうところですが、ノイアーはしっかりと構え、ボールの軌道を確認した上でセービングができます。

ボールを待てることでき、優れた反射神経と恵まれた体格を持ち合わせているからこそのビックセーブです。

動画はこちら


Original:Bundesliga

ノイアーがバロンドール候補23名に選出

20141103_neuer_topphoto:Anas Alsaidy

セービングだけではなく、スローイング、足下の技術、守備範囲の広さにも定評があるノイアー。試合中は攻撃の起点となり、バイエルンのポゼッションサッカーの中でも大きな役割りを果たしています。

また、ノイアーは先日発表された2014年バロンドール候補23名に選出されました。前回バロンドール最終候補3名に入っただけに、これからも活躍をみせ史上2人目となるゴールキーパーのバロンドール受賞者となって欲しいです。

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...