【動画】感動!ウッチーの被災地へのエールに隠されたノイアーとの男の約束!


この写真見覚えがある方も多いのではないでしょうか?
20141010_uchida_top
この写真は東日本大震災翌日。内田篤人が試合後、被災地へ送ったメッセージです。
このメッセージは世界のメディアが取り上げ、日本ではCMにも使用され大きな反響を呼びました。

今回はこのメッセージを発信するまでに生まれた、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアーと内田の感動的な話を紹介します。

震災日翌日の2011年3月12日、シャルケVSフランクフルト戦。試合前、内田は被災地に向けたメッセージをシャツに書き試合会場に持ち込んでいました。

すると、それを見つけた当時シャルケのGKだったマヌエル・ノイアーとこんなやり取りがあったそうです。

ノイヤーと内田の会話

ノイヤー「そのメッセージを日本の皆にみせるのか?」

内田「勝ったら見せる。負けたら見せない。」

ノイヤー「今日は俺が止めて勝つから任せろ」

試合はシャルケが先制しますが・・

試合はホームのシャルケが先制し1点リードで前半を折り返します。

しかし、後半まさかの失点。失点は相手のロングボールに対応したノイヤーのミスともとれる失点でした。そのまま1−1で後半39分を迎えます。

この引き分けで終われば、内田はメッセージを見せなかったかもしれません・・・

そして試合終了直前、
内田と約束をかわしたノイアーが飛び出してFWへロングパス。なんとこのパスが決勝点のアシストとなり、劇的ゴールでシャルケは勝利を収めます。

そして試合後

内田はメッセージ入りのシャツを着用し、ファンの前にたっていました。

しかし、みんなが勝利に喜んでいる中、複雑な思いから輪に入れずにいました。日本が大変な時期でしたので内田も喜べないのも当然です。
20141010_uchida_s1
そしてしばらくたち、選手がそろそろ引き返そうという時でした。
ノイアーにエスコートされた内田はファンとカメラの前へ。
20141010_uchida_s2
「日本の皆へ。少しでも多くの命が救われますように。共に生きよう!」内田のメッセージはノイアーの熱いハートとともに世界へ届けられました。

動画はこちら


Original:pfjapan

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...