【動画】ドルトムント香川、技ありループで今季7点目を決める[ルールダービー]


20160410_kagawa_top
10日、ブンデスリーガ第29節シャルケ04vsドルトムントの伝統のルールダービーが行われドルトムントの日本代表MF香川真司が今季7点目となるゴールを決めました。

先発フル出場を果たした香川は0−0で迎えた49分、ゴール前中央でボールを持つとライトナーとのワンツーで抜け出しループシュート。

ペナルティエリア外から放たれたループシュートは綺麗な軌道を描きながらゴールへ吸い込まれていきました。


動画はこちら


試合は香川のゴールから3分後シャルケの若手MFリロイ・サネのゴールを決め追いつくと、ドルトムントはセットプレーからギンターのヘディングで勝ち越しますが、フンテラールがPKをきっちりと決め、打ち合いとなった伝統のルールダービーは引き分けとなりました。


【スコア】
シャルケ 2−2 ドルトムント

【得点者】
0−1 49分 香川真司(ドルトムント)
1−1 51分 リロイ・サネ(シャルケ)
2−1 56分 マティアス・ギンター(ドルトムント)
2−2 66分 クラース・ヤン・フンテラール(PK)(シャルケ)

【試合ハイライト】


Written by