【ブンデスリーガ・アイドル】ブンデスリーガ人気投票で香川が2位!チチャリートがNo.1に!


20151214_kagawa_top
ブンデスリーガ公式サイトはブンデスリーガ人気No.1を決める「Bundesliga Idol(ブンデスリーガ)」の優勝選手を発表し、レバークーゼンのメキシコ代表FWチチャリート(ハビエル・エルナンデス)が1位、ドルトムントの日本代表MF香川真司が見事2位に輝きました。

12月8日からブンデス公式ツイッターアカウント(@Bundesliga_EN)上でツイッターのアカウント機能を利用して行われた本施策。公式サイト編集部が候補6名を選出し、6名を2グループに分け、そこから1名ずつ脱落させていくトーナメント方式で行われました。
{候補者6名:チチャリート(レバークーゼン)、ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)、ピエール=エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)、香川真司(ドルトムント)、トーマス・ミュラー(バイエルン)、ファビアン・ジョンソン(ボルシアMG)}

ルール・ダービーの先制点やウォルフスブルク戦の後半ロスタイムの決勝点など、かつての輝きを完全に取り戻した香川は決勝でこそ、マンチェスター・ユナイテッド時代共に苦しい時期を過ごしたイケメンFWチチャリートに大敗を喫しましたが、堂々の2位。

香川のプレーが世界中のサッカーファンを魅了している事が証明された結果となりました。

▼投票結果はこちら
1回戦A組
・ハビエル・エルナンデス(レーバークーゼン)・・・63%
・ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)・・・22%
・ピエールエメリック・オバメヤン(ドルトムント)・・・15%(1回戦敗退)

1回戦B組
・香川真司(ドルトムント)・・・60%
・トーマス・ミュラー(バイエルン)・・・35%
・ファビアン・ジョンソン(メンヘングラートバッハ)・・・5%(1回戦敗退)

2回戦
・ハビエル・エルナンデス(レーバークーゼン)・・・52%
・ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)・・・15%
・香川真司(ドルトムント)・・・27%
・トーマス・ミュラー(バイエルン)・・・6%(2回戦敗退)

3回戦
・ハビエル・エルナンデス(レーバークーゼン)・・・71%
・香川真司(ドルトムント)・・・16%
・ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)・・・13%(3回戦敗退)

決勝戦
・ハビエル・エルナンデス(レーバークーゼン)・・・75%(優勝)
・香川真司(ドルトムント)・・・25%(2位)


Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...