【動画】香川が今季リーグ戦初ゴール!ドルトムントが4発快勝!

23日、ドイツ・ブンデスリーガ第2節が行われ日本代表MF香川真司の所属するボルシア・ドルトムントはアウェイで昇格組のインゴルシュタットと対戦しました。

前半から何度もビッグチャンスを迎えながらもゴールが遠いドルトムント。香川も前半34分、ムヒタリアンからのワンタッチの落としに反応しゴールを狙いますが、ファーストタッチが大きくなってしまい、シュートは大きくクロスバーを越えてしましました。

何度となくビッグチャンスをつくりながらスコアレスで前半を折り返したドルトムントでしたが、後半はゴールラッシュを迎えます。

55分、ムヒタリアンのスルーパスに反応したギンターが鋭い切り返しから左足でゴール左隅に流し込み、ついにゴールネットを揺らすと、60分にはDFマルセル・シュメルツァーがエリア内で倒されPKを獲得。これをマルコ・ロイスがきっちりと決め2-0。

そして迎えた84分、香川に待望のリーグ戦初ゴールが生まれます。右サイドでオーバメヤンが2人に囲まれながらも途中出場のMFヨナス・ホフマンにつなぐと、ホフマンがマイナスに折り返す。PA内でボールを持った香川はワンタッチ、ツータッチで左に運びながらDFを交わすと左足でシュート。DFの股間を狙ったシュートは、ゴールキーパーの逆をつきゴールしました。

香川は8ゴール直後の6分に交代。ドルトムントは後半アディショナルタイムにはオーバメヤンがダメ押しの4点目を決め、4-0の快勝。開幕2連勝を飾りました。

試合ハイライトはこちら

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...