【動画】ユナイテッド移籍のシュバインシュタイガー!これまでの軌跡を動画で振り返る!


20150711_schwein_top
11日、マンチェスター・ユナイテッドとバイエルン・ミュンヘンは、ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーの獲得に関し、合意に至ったと発表しました。
移籍は選手のメディカルチェック、並びに選手個人との契約が合意すれば正式に移籍が成立します。

バイエルン一筋のシュバインシュタイガーはクラブ通算500試合出場を果たしており、クラブの象徴的な存在。そんなクラブのレジェンドの衝撃な移籍に、ファンは驚きと悲しを隠せない様子です。

そんなシュバインシュタイガーがバイエルンとドイツ代表での活躍の様子を描いたムービーをご紹介。

シュバインシュタイガーは元々CMFの選手ですが、バイエルンには長い間バラック、ハーグリーブス、ゼ・トベルト等CMFを本職とする偉大な選手が長い間在籍していたため、サイドで起用される事が多くなりサイドアタッカーとして代表でもクラブでも活躍していました。なので、サイドからドリブルで切れ込みシュートといったプレースタイルの印象が強い方も多いかもしれません。

しかし、リベリ、ロッベンの加入と恩師ファン・ファールとの出会いよって本来のCMFでプレーするしたシュバインシュタイガーは一気にワールドクラスのプレーヤーに。
本人も「一番の変化はやっと自分の一番好きなポジションでプレーさせてもらえるようになったこと。」と述べています。

グラウディオラ体制で出場機会や起用法に不満を持っていたと噂されており、そのような時に、絶大な信頼を置いている恩師ファン・ファールからの誘いがあれば今回の移籍も納得がいきます。

ドイツ人初のユナイテッドの一員となったシュバインシュタイガー。
運動量豊富で対人プレーに強く、キープもできて非常に高いパス成功率、チームを牽引しての創造的なアシスト、司令塔としてゲームをコントロールして危険なスペースを埋めていくそんな彼のプレーがユナイテッドで同化学反応を起こすのか。
彼がユナイテッドでプレーするのが待ちきれません。

シュバインシュタイガーの軌跡を描いたムービーはこちら

Written by