【速報/動画】アーセナルとレスターの天王山はロスタイムの劇的決勝弾でアーセナルが勝利!!


20150214_wallcot_top
14日、イングランドプレミアリーグ第26節アーセナルvsレスターの試合がアーセナルのホーム、エミレーツスタジアムで行われました。

勝点53で首位を走るレスターと勝点48で3位につけるアーセナル。昨季2部から昇格し快進撃を続けるレスターと、無敗優勝を達成した2003−04シーズンか12年優勝から遠ざかっているアーセナル。勝点差5の首位攻防戦は熱い試合となりました。

先発メンバー

先発は以下のとおり。注目の日本代表FW岡崎慎司はヴァーディと2トップで6試合連続先発出場となりました。


アーセナル
GKチェフ
DFベジェリン、メルテザッカー、コシールニー、モンレアル
MFコクラン、ラムジー、チェンバレン、エジル
FWサンチェス、ジルー


レスター・シティ
GKシュマイケル
DFシンプソン、モーガン、フート、フクス
MFマフレズ、カンテ、ドリンクウォーター、アルブライトン
FW岡崎、ヴァーディ


アーセナルペースで試合は進むが・・

試合は予想通りホームのアーセナルがボールを支配する展開となりますが、レスターも得意のカウンターでチャンスを作り出します。

レスターは14分、フクスからの浮き球のパスに抜け出した岡崎がシュートを放ちますが、これは惜しくもオフサイドの判定。続く16分にはクロスにヴァーディが頭で合わせるもチェフのナイスセーブに阻まれました。

アーセナルは31分、クロスからジルーがヘッドでネットを揺らすもこれはオフサイドの判定でノーゴールなど、圧倒的に攻めますがなかなか1点が遠い。

そして迎えた45分、レスターはヴァーディが右サイドからドリブルで切り込むとモンレアルがペナルティーエリア内で引っ掛けてしまいPKを獲得。これをヴァーディ自らきっちりと決めレスターが先制に成功。前半はレスター1点リードのまま折り返します。

ラストワンプレーの劇的逆転弾!

レスターは54分、シンプソンが2枚目のイエローカードを受けて退場となると試合はより一層アーセナルペースで進みます。

アーセナルは70分、右サイドのクロスをジルーが落とし、ウォルコットが右足で決めて同点に追いつくと、迎えた後半ロスタイム、エジルのフリーキックをウェルベックが決めて逆転に成功。

脅威の粘りを見せてゴールを守っていたレスターですが、ラストワンプレーで逆転を許し、劇的な展開でアーセナルが勝利。勝点差を2に縮めました。

■ 試合結果
アーセナル 2-1 レスター
■ 得点:
0-1 ヴァーディ(前半45分)
1-1 ウォルコット(後半25分)
2-1 ウェルベック(後半50分)


ゴールシーンはこちら

動画ハイライトはこちら

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...