【動画】20世紀最高のトラップ!ベルカンプターン!


20141427_bergkamp_s3
オランダの名門アヤックス、インテル、アーセナルなどの数々の名門クラブを渡り歩いてきたアイスマンことデニス・ベルカンプ

以前にもトラップの達人として紹介したベルカンプですが、
http://soccergeek.jp/world/248
今回はプレミアリーグ10周年記念のベストゴールにも選ばれ、20世紀最高の芸術的トラップと言われるベルカンプターン(ブーメラントラップ)を紹介します。

何が起こったか分からなくて何度も見直したトラップ

シーンはベルカンプがアーセナル時代の2002年3月2日、ニューカッスル戦でした。このプレーをみた時の衝撃は今までもはっきり覚えています。

ゴール前ペナルティアークのあたりで、ピレスからのかなり力強い、しかも少しバウンドした縦パスを受けるベルカンプ。
20141227_bergkamp_s1
ここでベルカンプは背負った相手を感じつつ、トラップで相手をかわします。
20141227_bergkamp_top
まずこのあまりスペースがないゴール前で、あの縦パスをトラップで交わそうという発想が凄いのですが、もっと凄いのはトラップの内容。ボールにスピンをかけてボールはディフェンスの目の前を、自分はボールと逆方向にターンしながら相手DFを交わしてしまいます。簡単に言えばターンしながら裏街道みたいなイメージです。
20141227_bergkamp_s2
このゴールはたまたまではなく完全にイメージしているのでボールの軌道を予測できており、DFよりも先に反応し体を入れています。また、手の使い方も上手いですね。手でDFを上手く抑えてほとんどスペースがない中しっかりキーパーの位置を確認してゴールに流し込んでます。
20141227_bergkamp_s4
最初はどうなってるかよくわからなかったです!!

20世紀最高のトラップ!ベルカンプターンはこちら

Original:HDArsenalVideos

Shun

Shun

静岡県出身。小学校から大学まで16年間本格的にサッカーを続ける。大学ではスポーツ科学を専攻し、イギリスへのサッカー留学も経験。サッカーの魅力を独自の視点から伝えることで、日本サッカーの発展に少しでも貢献したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

You may also like...